CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
ミリアド@conecoクラブ
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Gigabyte GM-MA785G-UD3H
 これは私に対する陰謀か!と思われる、GigabyteのM/Bなわけですが、PCパーツ長者にて『SECRET』として扱われていた応募の品になります(・ω・)
実際には10名への貸し出しになっていたそうですが、DDR3を使うユーザーの方には別の製品を貸し出していた模様です。
私の方はDDR2対応のこのモデルになるため、一応色々と準備をしてきました。
550BEや4350の購入は、実はこのための布石だったというわけですw

というわけで、こちらではいつも通りにconecoクラブでは貼れなかった写真をご紹介していきます。

価格比較:GA-MA785G-UD3H(coneco.net/こねクリ)



これが今回のパッケージになります。
相変わらずごちゃごちゃとしたデザインで('A`:)



裏には色々と細かいことが書かれていています。
GIGABYTEと書かれている上には、950MHzにすると3DMark06で2000超えるよ!という記載が。
実際に試しましたが、意外と発熱は少なく、冷却次第で何とでも使えそうな雰囲気が…。



見辛いですが、右上にはきちんと785Gのエンブレムがついています。



内容物です。
意外とシンプルな構成ですが、どうしてここにCOMポートとLPTポート用の増設コネクタが付属しなかったのかわかりません(´・ω・`)



実際に組み込んだ状態です。
ケーブルがごちゃごちゃしているのは、まあ、レビューに向けてのテスト期間中という事でw



ノースブリッジのヒートシンクです。
意外とパカパカ動きます…大丈夫なのですかね、これ



上の写真のCOMと書かれているのがシリアルポート増設用のコネクタで、下の写真の黒いIDEっぽいのがパラレルポート用の増設コネクタです。
使わないと邪魔臭い(´・ω・`)



電池やUSBのコネクタが、COM/LPTでこんなところに追いやられてしまいました…。
凄く小さくで見辛いですが、電池の右下にCMOSのクリアジャンパピンになっています。
それにしても4350が大きい…。



I/Oはこんな感じ。
GA-MA780GM-S2Hにはあった、eSATAが省かれてしまいました(´・ω・`)
せっかくVi-onが使えると思ったのに残念です。

こういった情報を、これまでずっと隠していたのは、NDAがあったからなのですが、ようやく情報を公開できる日になりました。
とはいえ、個人的には少し様子見をしていこうと考えています(追記レビュー用に色々と準備がありますが)
その理由は、やはりGigabyteだからと…。
実の所、安定動作させるまでに時間がかかりすぎて、まともに動かせたのが、組み込んでからしばらく経ってからになりました。
いきなり起動しないという状況にはさすがにビックリしましたし、CMOSのクリアで済んだとはいえ、初回電源投入時に立ち上がらないと言う状況では萎え萎えです。

相変わらずGigabyteの呪いは酷いレベルでした('A`)
| 周辺機器 | 13:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
VTX3D VX4350 1GBD2-H

もう熱いローエンドVGAは嫌なんだ!!(挨拶)

サブPCに利用していた8400GSの爆熱具合に辟易し、勢いでRadeon HD 4350のVGAをソフマップで中古買いしました。



新規(といっても今回は中古販売の品ですが)で購入したのは、おそらくRadeon 7000以来の事のような気がしますが、実際には昨年まで使っていたRadeon HD 3870以来のRadeon系VGAになります。
製品的には、DDR2の1GBが搭載されているモデルで、まあ、今時のDDR2の相場から考えれば、GDDR3とは違うので価格が抑えられる分、ありありかなと(・ω・)
ただ、ここでちょっとした問題が…



VGAクーラーが2スロット占有モデルだった\(^o^)/

ファンレスで、通常のサイズというのはわかっていたのですが、VGAクーラーに関しては完全にスルーしていたわけですw
写真ではわかりにくいですが、何となくメモリ部分まで冷やしているような感じがしますが、よく見ると少しだけ宙に浮いている事がわかります。

せめて、鉄板を入れるなり、もう少しクーラーの構造を考えるなりをして、メモリ部分にきっちりと密着した形なら良かったのに、物凄く残念で仕方ありません。
メモリそのものには『MIRA』というあまり聞きなれない印字がされているのですが、どうもDeutoronが製造しているブランドの製品らしいです。
Deutoronというのもあまり聞かない名前ですが、さらに調べていくとPSCグループの一社らしいようです。

PSC(Wikipedia)

搭載されているのが8個なので、1個当たり128MBの計算になりますね(・ω・)
Catarystで制御されるATI PowerPllayの効果で、自動的にクロックも下がり、アイドル時は300MHzになっていますが、ゆめりあベンチをかけると780Gの標準設定にすら負けると言う、酷い有様ですw
元々3870の時にもあった事ですが、負荷がかからない処理は、全くと言って良い程使えなくなるのはRadeonの悪いところで、4000番台になって少しは改善しているかと思ったのですが、全く解決していませんでした。

といっても、DirectX10.1に対応し、UVD2.0もついていて、かつ1GBのDDR2搭載なのに、中古の価格が4,000円を切っていると言う恐ろしさ…。
サブ用途なら十分使っていけそうです。
Radeon系はアイドル時のクロックが低いので、2スロット分のファンレスヒートシンクは、むしろ逆にありがたかったのかなと思ったりもします。

| 周辺機器 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PhenomII X2 550 Black Edition
半ば勢いで550BE買ってきてしまいました(;^ω^)

価格比較:Phenom II X2 550 Black Edition BOX(coneco.net/こねクリ)

 

940BEを持っている私からすると、550BEはサブ用になるのは間違いないのですが、むしろここまで必要か?という疑問はがあったりも…ただ

店に買いに行ったら、AM3用の最低モデルが550BEしかなかったから!

という言葉で、後悔する余地すらありませんwww
5000+BEを所有している私からすれば、5050eを購入する理由は一切ありませんし、予定としてはAthlonII X2 250か、245のどちらかを予定していたのですが、算段が狂ってしまいました。

まあ、製品的にクアッドコア化が可能になるかもしれないですし、これから色々と情報を集めてみようと思います。
組み込みは、とりあえずGigabyteのMicroATXで予定していますが、BIOSチェックしようと思ったらサイトに繋がらない…

だからGigabyteは!!!!!!
| Others | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モン・マルサル・カヴァ・エクストレマリウム・ブリュット

長い名前のワインがconeco.netから送られてきました。
何度も書きますが『モン・マルサル・カヴァ・エクストレマリウム・ブリュット』です。
覚えるまでに時間がかかりましたねw>

価格比較:モン・マルサル・カヴァ・エクストレマリウム・ブリュット NV 750ml(coneco.net/こねクリ)



この手のスパークリングワインにはよくある事なのですが、底面が広くて、普通の冷蔵庫のストッカーには入りません…。
置く時は横置きで、さらに一気に飲まないと氷を使って冷やす必要があります。
スパークリングワインなので、市販の蓋を使うとスポンっと飛び出すと思いますよ。



注ぐと、綺麗な泡立ちが。
撮影のために少々時間が経ってしまったため、見た目はそうでも無いと思いますが…。
ちなみに注いだ後も細かい泡が出て、見た目だけでも魅了されます。



で、合わせた料理2品(・ω・)
ひとつは帆立を使って、レモンと黒胡椒を使って、最後にバターでまとめた『帆立の黒胡椒レモンソース』
カクテルグラスに入っているのは、『完熟トマトとボイル烏賊のバジルドレッシングカクテル』です。



帆立は火を通しすぎると美味しくないので、8割程度で焼くのを止めました。
中央にある野菜は水菜をさっとお湯にくぐらせたものです。
バターを使うので塩はほとんど使いませんでしたよ。



こちらは簡単。
完熟トマトを賽の目に切り、さっとボイルした烏賊も切って、レモン、オリーブオイル、バジルを合わせただけのシンプルな構成。
レモンの酸味が、少しだけ感じるトマトの青臭さを打ち消します。
完熟してしまったトマトは柔らかいので、生で使う予定だった烏賊を急遽ボイルしたのは正解でした。
食感の違いが面白い一品です。

ちなみにワインはまだ残っています。
というか、週末の仕事直前に来られると、4日以上も放置してしまうため、何となく嫌だったんですよね(´・ω・`)
ラップで口を押さえてあり、あまり飲まなかったので炭酸が残っているとは思うのですが。
でも、こういうお酒のレビューは殆ど無いので、ちょっと面白い経験をさせていただきました。
当選時とconecoクラブのレビューで散々『冬は日本酒ですよね』と書いたので、やってくれないかなとwww
まあ、あったとしても、当選するとは限らないのが世の常ですが^^:

ご馳走様でした(-人-)パン

| Others | 16:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ENERMAX KB008W-B

待ちに待ったENERMAX KB008W-BがPCパーツ長者から届きました゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
物凄く期待していた製品だけあって、その感動も相当なものです。

http://club.coneco.net/user/11424/review/21343/

今回は動画もきちんと用意したので、それぞれのキーボードとの比較をお楽しみ下さい。




というわけで、こちらでは、貼り切れなかった分の写真を載せていきたいと思います。



conecoクラブではちょこっとしか触れなかった部分ですが、重量は電池抜きで800gあるそうです。
800gといえば、ちょっとしたCPUクーラーと同じ重さなわけですが、手に取ると確かにずしっとした重さが感じられます。



http://www.red-dot.de/

reddot design awardというのは始めて聞いたのがですが、どうやらドイツで行われている世界的なデザイン賞らしいです。
サイトに飛んで、検索に『ENERMAX』と入れると確かに出てきますね。



Windows7は?(;^ω^)
普通にRC@64bitでMCEも使えたので、Readyぐらい書いておくと良いのに…。



付属の電池はMaxellの単三アルカリでした。
こういう記載になっているところを見ると、おそらく全世界でこのパッケージに入っている電池はMaxell製なのでしょうね。
そしてそれをパッケージにきちんと記載する律儀さに惚れ込みます。



写真では見づらいですが、マニュアルは紙が1枚入っているだけ。
表と裏で英語と日本語になっていました。
ここにCapsLockやNumLockをタスクバー上に表示するアプリケーションがあるURLが記載されています。



パッケージの裏側。
右にずらずらっと書いてあるのは、各言語ごとの説明です。
勿論、日本語も書かれています。



こう見るとシルバーもアルミの質感があって良いですね。
トラックボールの色は黒なので、統一感を求めるなら、黒の方が良いのですが(私は元々黒が好み)


conecoクラブでは散々褒めちぎっていますが、撤回する気は一切無いレベルの本音を書いております。
勿論、書いた事とは他に問題がないとは言い切れませんが、全て私の中では許容範囲内です。
欲を言えば、フラットデザインではなく、アーチデザインだったら、1万をあっさり超えていても安いと思ってしまうクオリティーです。
というか、壊れたら、新品なり中古なりでもう1台行きたいと本気で思う程、私にはツボな製品です。
気になるのは、やはりトラックボールのボールが外れるかどうかです…。
何気に汚れが詰まりやすく、掃除が出来ないと使えなくなっちゃうんですよね(´・ω・`)
代理店のリンクスに確認してみる予定です。

| 周辺機器 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CoolerMaster 4-in-3 Device Module

あそして本日もうひとつ、CoolerMasterの4-in-3 Device Moduleです。



Gladiator 600のVGAがあまりにも冷えないため、5インチベイから直接風を取り込むようにヤフオクで落札…

しかし、温度は下がらない…

それ以上に、何故か温度が上がっている!!

という、不思議な結果になりました('A`;)
もしかしたら、ZIPANG2が影響しているんですかね…。
熱溜まりが出来てしまっているような感じなので、結局はサイドファンを利用して冷却しないといけないような気がしてきました。

ちなみに、この後、P180に移動させて、現在利用しているHDD全てをこの製品に取り付ける予定です。
中段ベイが空くため、VGAに直接風を通せそうなので、優先度合いとしてはP180になるのかなぁと。

| 周辺機器 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TAPCO MIX-50

ここ数年、ねとらじで放送しているわけですが、今日はそのねとらじのためにミキサーを購入しました。



TAPCOのMIX-50という、シリーズの中でも最も廉価版と言いますか、使えれば良い方向けと言う製品です。
エフェクトやリバーブといった機能は一切ないわけですが、物凄いです…この製品。

他の製品との比較が出来ないので何とも言えないのですが、まずボリューム調整時にきちんとノイスが入らない仕様で、音量を上げてもホワイトノイズは殆ど無し…この価格帯の製品にしてはS/N比がかなり高いです。

ただ、実際にマイクを接続したのですが、思った以上に音が拾わない…。
これに関してはアンプが必要になると思うのですが、とりあえずヘッドセットマイクがあるので、MDレコーダー経由でしばらく使ってみようと思います。

凸対策は後日だとして、このクオリティーなら十分色々な事に使えそうです。
安物のヘッドフォンですら音が良くなった感じがしますw

| 周辺機器 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ENERMAX AURORA KB008W-B
 勢いって本当に怖いですね(;^ω^)
通産、3回目のPCパーツ長者の貸し出しを受けます。
今回はENERMAXのKB008W-Bです

価格比較:ENERMAX AURORA KB008W-B(coneco.net/こねクリ)




ワイヤレス製品にはあまり良い思い出はないのですが、このキーボードにはかなり心躍らされるものがあったわけです。
その理由ですが、まず私自身がパンタグラフキーボードの愛好家だという事。
現在使用しているキーボードもパンタグラフですし、これまで数多くのパンタグラフキーボードを使ってきました。
さらにこのキーボードにはレーザートラックボールが付いているわけです!!
トラックボールもLogicool製品を2回、そしてMicrosoft製品を1回購入し、どれも壊れるまで利用しました(そもそも某TPSをプレーするときもトラックボールで戦っていた事があるぐらいw)

ワイヤレス製品に関しては、2.4Ghz帯使用で10m対応という事なら、おそらくサンワサプライの二の舞にならないと思われます。
テンキーがついていない製品はノートと同様の使い方で済むと思うので、見た感じ『配列が特殊すぎない』という事から応募してみたわけです。

先日、ThermaltakeのVi-onが送られてきているので、今回はちょっと諦めムードだったのですが、先ほど確認すると貸し出ししますといつもの方からメールが来ていました。

人気が無かったのか…それともかなり熱く書いた申し込み内容がきちんと届いたのか…(・ω・;)
何はともあれ、かなり本気で飛び上がるぐらいの喜びが身体中を駆け抜けています。
本格的なレビューは届き次第、こちらにも書かせてもらいます。
| 周辺機器 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Thermaltake Vi-on 3.5 eSATA
 本日届いたので、早速準備してあったHDDを組み込んでレビューを書きました。

【PCパーツ長者】Vi-on 3.5 eSATA

前回同様、こちらではレビューで載せられなかった写真を貼りたいと思います。



実際にスタンドを使って立てている状態です。
こう見るとWiiに似せてますよね…



レビューで載せた状態の内部に、サイドパネルの内側も一緒に撮影
サイドパネルの内側はウレタン?
このサイドパネルと内部のリテンション部分でしっかり固定されます。



背面です。
レビューで書いたとおり、電源スイッチが一番下(この写真の場合、左側が底面になる)にあるのは残念な部分(´・ω・`)
ちなみに面白いのは、スタンド外して横にするとXbox360のHD DVDにどこか似ているっていう不思議…



スタンドを外して上に載せた写真
壁掛けフックみたいな物2つでスライドさせて固定させます。
意外としっかり固定されるので、簡単には外れません。
そして、本体の方にファンがついていますが、その排気をスタンドの穴を通すだけ…
風量が無いファンだと排気が上手く出来ないのです(´・ω・`)

本音を言うと、正直あまり期待はしていませんでした。
その理由は、SATAは本体内蔵に出来てしまう事があるわけですが、初めてeSATAで接続する事が出来ました。
勿論、ホットスワップも使えて便利だとは思うのですが、考えてみたらGladiator 600のeSATAって前面なんですよね…


ケーブルが邪魔ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


eSATAケーブルってこんなに硬いんですか…
付属のケーブルってめちゃくちゃ硬いんですけど(´・ω・`)
| 周辺機器 | 14:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Thermaltake Vi-ON 3.5 eSATA



PCパーツ長者で2回目の貸し出しを受けます。
今回はThermaltakeのeSATAとUSBで接続可能な、HDDケース『Vi-ON 3.5 eSATA』です。

ここでも公言しておきますが、同一のHGSTのHDDを持っており、今回はS.M.A.R.Tによる温度測定も予定しています。

見た目はWiiのような形状なのですが、手持ちにあるLANBOX Liteと組み合わせるとどういう風に見えるのか楽しみです。

…ただ、色指定はしなかったので、送られてくるのが黒なのか白なのかは私もわかりません/(^o^)\

coneco用の動作チェックとレビュー更新が終了次第、こちらにも詳細な報告をしていきたいと思います。
| 周辺機器 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/5PAGES | >>