CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
ミリアド@conecoクラブ
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
流石に更新してなさすぎるw
 前回の内容から一体どれだけ更新してないのかと('A`;)
レビューする場所が、基本的にはconecoになっているというのもありますが、一度書いてしまったレビューを、別の文章にして書くというのもテンションが下がってしまうところです。

つい先日、サブPCの環境が新しくなりました。
と言っても、基本はAMD Aシリーズを使った物ではありますが、今回私が手を出したのは…

Mini-ITX

環境的には…

AMD A8-3850
ASRock A75M-ITX
CFD W3U1600HQ-2G
Scythe BIG SHURIKEN2
Corsair CSSD-V64GB2-BRKT
WD WD5000AAKS
Liteon DL-4ETS
Silverstone SST-SG05B
Auzentech X-Fi Bravura 7.1

conecoでケースのレビューを書いた時に比べると、ストレージ周りを若干変更しています。
というのも、本来の目的は静音化で、ファンを交換しようと考えていたのですが、そのついでだし、どうせここまでやるなら今のサブPCのスペックと同じにしてやれという雰囲気だけでした。
その結果、ファンの交換をすっかり忘れて組み込んでしまったために、もう1回分解しなくてはいけないと言う事態にorz
ただ、あらためて思うのは、もしかしたらA75M-ITXのUEFI上で変更できないCPU回転速度が騒音の原因になっている可能性があります。
考えてみれば、UEFIのバージョンって全く上げてないんですよね…。

ひとまず、組み込んで思うのは、Mini-ITXも随分と実用的なレベルに鳴ったと言う事。
私の中でこのクラスのケースは、Socket370時代から延々と気にしていた領域ではあったのですが、ようやく本格的なMini-ITX環境が構築出来たという印象です。
ただ、もうひとつ足りないと思うのは、使用している光学式ドライブが特殊なベゼル無しのスロットローディング型という点でしょうか。
今後発売される、とあるケースのために購入したのですが、結果的に言うとSST-SG05Bで全然OKじゃないかという感じです(というよりも、後から知った驚愕の事実が尚更それを…)
予定としては、一応ケースの変更を考え、手持ちにあるもう1枚のMini-ITXであるGA-E350N-USB3をSST-SG05Bで使おうと思っている所です。
というよりも、このケースを購入した理由が『地元のショップにSFX電源が置いてなかったから、電源付属のケースを購入して流用しよう』というのが最大の目的ではあったのですが…

一体、何やってるんでしょうかね('A`;)


| Others | 19:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【サンプリングでアリガストンキャンペーン】KHX2000C9AD3T1K2/4GX

 Kingston Technologyにて行われていた『サンプリングでアリガストン』キャンペーンにて、KHX2000C9AD3T1K2/4GXをお貸しして頂けることになりました。
タイミング的にちょうどDDR3のメモリを購入しようと思っていた矢先でもあり、ありがたい事にサンプリングに当選というDMがTwitter経由で入ってきて、かなり楽しみに待っていました。
というわけで、到着したKHX2000C9AD3T1K2/4GXがこれになります。



凄く…大きいです…。

本当にメモリが2枚しか入っていないのかと思うほどに大きいパッケージに少々驚きましたが、実際に手にとってみるとヒートシンクがちょうどメモリの高さ2つ分ぐらいにまで伸びていて、風が当たればかなりしっかりと冷却が行えるような雰囲気を醸し出しています。



そして手にとって見てみるとよくわかるのですが、この青いメモリヒートシンクがかなりしっかりとした重量感を与えているようです。
これが2つも入っていれば、かなりしっかりとした重さになるというのもよくわかります。



                        ↓



そして以前搭載したメモリを外し、KHX2000C9AD3T1K2/4GXを付けてみたのですが、存在感が本当に凄く感じられます。
ただ、高さがある分、使用するCPUクーラーによっては大きく干渉してしまう可能性があります。
私の場合は、CorsairのCWCH50-1を使っているため、干渉する物は存在しませんが、背の低いクーラーや、メモリスロットの位置次第ではかなり大きな影響が出てくるのは間違いありません。
しかし、その高さの分、クロックを上げて発熱するメモリをきちんと冷やせるわけですし、極力ハイエンドなメモリをという方には色々な意味で安心感があるように感じられました。

さて、このKHX2000C9AD3T1K2/4GXなのですが、メーカー公式を見ると…

http://www.kingston.com/japan/hyperx/products/t1_ddr3.asp


>メインストリーム向け DDR3 PC プラットフォーム(Intel P45 チップセット、AMD Phenom II プロセッサなど)に特化した設計
>パフォーマンス最大化に特化した設計に加え、クロックとレイテンシータイミングの各種組み合わせの製品を用意し、ユーザーの多様なニーズに対応
>2枚組メモリキット設置によりデータ転送容量も 2 倍に拡大
>高電圧動作でもメモリ長寿命を確保する高効率ヒートシンクを装備

こう書かれているのですが、一部ショップではIntel P55向けという表記もあったりと、微妙に扱いが不明瞭な点が気になってしまいました。
勿論、〜向けと書かれていても専用というわけではありませんし、相性問題や初期不良という状況でなければ確実に動くのは間違いありません。
今回、これだけの良質なメモリをサブPCで検証するには勿体無いという事で、現在使用しているメインPCにて様々な検証を行ってみました。

OS:Windows7 Professional
CPU:PhenomII X6 1090T Black Edition
M/B:ASUStek M4N98TD EVO
PSU:玄人志向 KRPW-J600W

AMD向けのM/Bの大半は合併してブランドのひとつになったATIが開発をするチップセットがありますが、今現在私が使用しているのは、すでに後継製品が全く登場する気配の無いnForceチップセットで、かつDDR3対応という珍しい製品になります。
こちらはOC動作にはなりますが、2,000MHz動作も可能と記載されいる製品ですので、もし動けばかなり面白い事にはなりそうだという事で応募をしたのですが、結論から先に言いますと…

やっぱりダメでした/^o^\

レイテンシの設定を緩めてもBIOSのPOST画面すら表示されません。
電圧を上げて何とかとも思ったのですが、あくまでお借りした状態での製品という事もあり、電圧は全て1.65V固定になっています。
2,000Mhzで動かないのは、AMDのCPUでは無理なのか、もしくはチップセット的な問題を抱えているのは不明ですが、どちらにせよこれで動いたとしても不安感があまりにも強く、実用的ではないという判断をしています。
このあたりはIntelの製品があるともう少し調べられたなと…少し残念です。

流石にどうしようもないので、次に1、866MHz動作まで落として起動してみると、こちらは普通に起動しました。
様々な負荷をかけてみましたが、特に問題も発生せずに使えているので、おそらく現時点で動かすにはこの1,866MHzが一番適しているような印象です。
これにより、ベースクロックも向上し233MHz動作(CPU-Z読みでは234Mhz)になるため、NB Frequencyが2578MHzまで向上した分、体感速度が少々上がったような印象です。



2,000Mhz動作が出来なかったことは残念ですが、1,866MHz動作で何の不安も無く動作するメモリというのは、個人的な感覚だと本当に凄いなと思い知らされてしまいます。
そして、倍率を変えてのOCなのですが、ここで重要な問題が…

『電圧が正常に表示されない!』

おそらくnForce側の問題だと思うのですが、妙な数値で電圧が固定されてしまい、絶対にありえないと思う電圧にまで上がったり下がったりと、手をつけられない程の状況というのが確認しました。
使用している1090Tの場合、フルロード時ででは1.3V動作(Turbo Core動作時は不明)になっているはずなのですが、実際に見ると1.216V動作という状況に…。
ちなみにAODはnForceでは使用できず、今回のOCに使用したツールは、ASUStekのTurbo V EVOなのですが、こちらでは1.3Vという数値になっていて、もはや意味不明な状況です。
とりあえずBIOSでCPU電圧をAUTOにして、少なからず無茶な電圧がかからないような設定にしました。
その結果が以下の画像です(クリックすると拡大されます)



倍率を15倍にまでしか上げられないのは電圧の関係である以上、仕方ない事なのかもしれませんが、それでも全てのコアがTurbo Core動作時の3.6GHz近くまで上がりましたし、この状況でベンチマークやら何やらをかけても不安定になる事はありませんでした。
ここまで来ると、890GXあたりの製品を購入して試してもみたいのですが、これだけの状況で安定して常用が可能であるなら文句は無いかなと思ったりします。

今回、KHX2000C9AD3T1K2/4GXを使わせていただいて思ったのは、やはりOCをさせるにはきちんとしたメモリ必要になるという事です。
予定では1,600MHz動作のメモリを購入しようと思っていたのですが、実際にその設定で動かしてもバススピードは固定のままですし、エクスペリエンスインデックスの数値が0.1上がったとしても、効果がどれだけあったのかが不明です。
それに比べると、やはりベースクロックを向上させる事で、少しでも体感速度を向上させる方が効果はあると考えます。
また、このKHX2000C9AD3T1K2/4GXを使って感じたのは、相性問題が少ないのではないかという事です。
試しに785G搭載のCinema II Deluxeにつけてみたのですが、こちらでも何の問題もなく普通に使用する事が出来ました。
そのうえで、Intel向けというのであれば、少なからずKHX2000C9AD3T1K2/4GXを付けても使えないという状況は発生しないのではないでしょうか。
何気に、人生の中でこれだけのハイエンドなメモリというのは初めて使うのですが、次回、メモリの購入の際はkingstonのメモリというのは個人的にも凄く魅力的に感じられるようになりました。
ただ、少々気になる点をひとつだけ…

KHX2000C9AD3T1K2/4GX - coneco.net

この価格の幅には一体どういう理由があるのでしょうか…。
最安値が15,800円に対し、最高値が32,770円という、その差が倍にもなっている点が非常に気になってしまいます。
販売店の扱い方の違いというのはあるのかもしれませんが、購入する際には少し注意が必要なのかなとも思ってしまうのはどうなのかなと(´・ω・`)
それでも、一時期から比べると価格も上がってしまってはいるのですが、現時点でメモリの購入を考えていらっしゃる方には、KHX2000C9AD3T1K2/4GXは凄く良い選択肢なのは間違いありません。
OCにて使用するのみならず、定格動作でも全く不安要素の無い製品を使いたいと思うのであれば、Kingstonのメモリを使ってみては如何でしょうか。
少なくとも価格以上の価値はあると私は思います。

| Others | 19:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
氷結スペシャル 凍結梅酒&ソーダ
 こちらでは初のご紹介となるジャンル、缶チューハイです。




正直、缶チューハイの到達点のひとつとも思える完成度の高さです。
果実を凍結させて浸漬酒を作り、いつもならスピリッツ(ウォッカ)で割るのが基本なのですが、これはきちんとした梅酒(おそらく長期間寝かせた物)にソーダとウォッカを混ぜて作られた、期間限定の商品です。

まさに文句のつけようがない程の絶品!

久々に満足と言いますが、飲んで唸ったのは初めてかもしれません。
かなりオススメですΣb( `・ω・´)
| Others | 18:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Scythe NOBLE
 長者でケースの募集が始まる前に、Amazon経由で発注したのが運の尽き…とまではいかないにしろ、実際にGigabyteのケースが届いた当日、開封して少し経った後にThunderbirdをチェックしたら、Amazonから発送のお知らせが…。
もう少しタイミングが早ければキャンセルしても良かったと、少しだけ後悔しています。

というわけで、その翌々日に届いたわけですが、まあ、価格相応のケースという印象は拭えなかったのは事実かもしれませんね。

価格比較:NOBLE NOB20A(coneco.net/こねクリ)



パッケージしょぼ…('A`;)



開封する前から、この左の発泡スチロールが折れてました…。



御開帳!
意外にもデザインはそう悪くないです。



今までこういうケース使ったこと無かったので新鮮です。



ケース内部が黒塗りになっているので、ケースはどこから見ても真っ黒です。
右下に見えるのは付属パーツボックス。



良く見ると、裏配線は一切考慮されていません。
しかし、底面にファンがつけられるのは結構良さげ。



上面ファンと前面ファンの電源はペリフェラルなので、M/B側のファン用電源を節約できる反面、速度調整は全く出来ない。
静かなのでいいですけどね(・ω・)


良く見ると、4箇所がネジ止め固定。



シャドウベイはどこにでも付けられる3段式。






フロントI/Oは、USBが4つと珍しいです。
nobleと書かれた左はHDDアクセスランプのようです。
ちなみに5インチベイ横にあるLED発光部分の電源は、なんとM/BのPowerLED。
ここの配線を切り替えたら、5インチベイの横をHDDのアクセスランプに出来そうです。



パーツ類。
ちょっと見づらいですが、左下のが5→3.5インチ変換アダプタ。
カードリーダー用に、フロントベイの3.5インチ穴抜きパネルもついています。
右の赤いのがHDD用のレールになるけですが、ネジ止めは必要なく、出っ張りをHDDのネジ穴に押し込むタイプでした。
結構固め…。
青いのは5インチベイ用かな…使ってないのでわかりません。


全体的に安っぽい印象が結構あります。
また、上述したとおり、裏配線は一切出来ない構造になっていて、かつ、5インチベイとM/Bの間があまり開いていないという事を考えると、例えば長いVGAを使う際はHDDの場所は上段に移動させなければなりません。
そういう意味では、シャドウベイが好きな場所に移動できるメリットはなかなかあるのではないでしょうか。
現在は、M3N78-VMを搭載しており、CPUクーラーには同社製のOROCHIを載せてあります。
この状態だと、DVDのドライブが内部でCPUクーラーと干渉してしまい、結果的に上から3つ分の5インチベイに隙間が開いてしまいました。
ただ、鎌平が余っているので、それを利用してOROCHIの冷却も考えてみようと思っています。

意外と同じScytheのパーツの相性がなかなか良いケースです。
これで側面がアクリルなら面白かったんですけどね(´・ω・`)
まあ、概ね満足してます。






使い道があまり思いつきませんがw
| Others | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Gigabyte GZ-FA1CAR-AJB/SUMO 5115

個人的に全く縁のない話だと思っていたアルミケースをPCパーツ長者にてお借りする事が出来ました。
その名も『SUMO』…いや、どっしりとした感じは確かに相撲取りを連想させますが、もっと違う名前を付けられたのではないかと言う気がしてならないわけですよ。
公式ページで見る分には、何だか妙に部分部分がかっこ悪いデザインだなと思っていたわけです。
で、応募をしてみて、借りられるとわかったため、少しだけ調べたら…

P180より大きい?!(´゚д゚`)

カタログスペック上では、E-ATXの利点でもある奥行きがP180を凌駕している事が発覚し、今あるメタルラックに置く事が出来るかと不安になりましたが、それは到着した箱を見て半分諦めに似たため息が…。

<b><A href="http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1090716445">価格比較:SUMO 5115 ブラック (GZ-FA1CAR-AJB)(coneco.net/こねクリ)</A></b>




※置いているのはテーブルの上です。

でかすぎだろうとwwwwwww
そしてサブPCで使っていた、同じく長者でお借りして贈与済みのケースのGladiator600と並べてみると…



Gladiator600って、確か到着する前に棚の高さを調整したはずなのですが、それすらをあっさり凌駕してしまいました('A`;)
結果的に3段あったメタルラックの棚をひとつ外し、ぎりぎり収まったわけですが、このケースの大きさは本当に半端ないです。
詳細に関しては、ちょっと色々と写真を撮りすぎたので、その大半を動画にしてconecoクラブの私のレビューにUPしてあります。
興味のある方は下のURLからどうぞ。

http://club.coneco.net/user/11424/review/23912/

| Others | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HIS H467QS512P

元々はPCパーツ長者の関連でHybrid CrossfireXをするために3450/4350/4550を見に足を運んだつもりなのですが、何故か手にとってしまったのはHISのIceQ搭載の4670…。
まあ、元々評判は良いですし、新品でVGAを買うのも本当に数年振りの事なので、このクラスのVGAに手を出してみるのも良いかなと考えてみました。

価格比較:H467QS512P(coneco.net/こねクリ)



電源レスな4670らしく、カード長も抑えられていて、完全にIceQで本体が隠れています。



サブPCに組み込んでみた状態です。
8800GTに比べると凄くコンパクト



Windows7@RC上でゆめりあベンチをかけると、結果は大体ネットに上がっているものとほぼ変わりなし。

正直、IceQを舐めてました…。
これぐらいの性能と冷却能力があれば、十分使いやすいVGAですし、何よりDirectX10.1に対応し、UVD2.0が使えるミドルレンジの中でもコストパフォーマンスが段違いに良く感じられます。
まさしく7600GSの再来ですね。

| Others | 05:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祝・私2wwwwww
 

ついに足跡ランキングに載ったあああぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!!!!!!!!!
しかしTOP3には肉薄すら出来ない越えられない壁が。・゚・(ノД`)・゚・。
本当によーたんさんはconecoクラブの王者としか言いようがありませn…。
DreSSさんは新規パーツ多いですし、hidepodさんも同様な雰囲気を持っていますね(・ω・´;)ムムムッ
とはいえ、このランキングを維持するのは事実上、不可能に最も近いので、次の更新では私は消えていると思います。
ふぅ…長い道のりだった………

| Others | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祝!私www
 

DVDソフト部門で1位獲得゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
周辺機器、パーツ部門も順調にランキングが上がりました。
もっとも、そろそろ色々な意味で限界は近いと思いますがorz
| Others | 01:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
PhenomII X2 550 Black Edition
半ば勢いで550BE買ってきてしまいました(;^ω^)

価格比較:Phenom II X2 550 Black Edition BOX(coneco.net/こねクリ)

 

940BEを持っている私からすると、550BEはサブ用になるのは間違いないのですが、むしろここまで必要か?という疑問はがあったりも…ただ

店に買いに行ったら、AM3用の最低モデルが550BEしかなかったから!

という言葉で、後悔する余地すらありませんwww
5000+BEを所有している私からすれば、5050eを購入する理由は一切ありませんし、予定としてはAthlonII X2 250か、245のどちらかを予定していたのですが、算段が狂ってしまいました。

まあ、製品的にクアッドコア化が可能になるかもしれないですし、これから色々と情報を集めてみようと思います。
組み込みは、とりあえずGigabyteのMicroATXで予定していますが、BIOSチェックしようと思ったらサイトに繋がらない…

だからGigabyteは!!!!!!
| Others | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モン・マルサル・カヴァ・エクストレマリウム・ブリュット

長い名前のワインがconeco.netから送られてきました。
何度も書きますが『モン・マルサル・カヴァ・エクストレマリウム・ブリュット』です。
覚えるまでに時間がかかりましたねw>

価格比較:モン・マルサル・カヴァ・エクストレマリウム・ブリュット NV 750ml(coneco.net/こねクリ)



この手のスパークリングワインにはよくある事なのですが、底面が広くて、普通の冷蔵庫のストッカーには入りません…。
置く時は横置きで、さらに一気に飲まないと氷を使って冷やす必要があります。
スパークリングワインなので、市販の蓋を使うとスポンっと飛び出すと思いますよ。



注ぐと、綺麗な泡立ちが。
撮影のために少々時間が経ってしまったため、見た目はそうでも無いと思いますが…。
ちなみに注いだ後も細かい泡が出て、見た目だけでも魅了されます。



で、合わせた料理2品(・ω・)
ひとつは帆立を使って、レモンと黒胡椒を使って、最後にバターでまとめた『帆立の黒胡椒レモンソース』
カクテルグラスに入っているのは、『完熟トマトとボイル烏賊のバジルドレッシングカクテル』です。



帆立は火を通しすぎると美味しくないので、8割程度で焼くのを止めました。
中央にある野菜は水菜をさっとお湯にくぐらせたものです。
バターを使うので塩はほとんど使いませんでしたよ。



こちらは簡単。
完熟トマトを賽の目に切り、さっとボイルした烏賊も切って、レモン、オリーブオイル、バジルを合わせただけのシンプルな構成。
レモンの酸味が、少しだけ感じるトマトの青臭さを打ち消します。
完熟してしまったトマトは柔らかいので、生で使う予定だった烏賊を急遽ボイルしたのは正解でした。
食感の違いが面白い一品です。

ちなみにワインはまだ残っています。
というか、週末の仕事直前に来られると、4日以上も放置してしまうため、何となく嫌だったんですよね(´・ω・`)
ラップで口を押さえてあり、あまり飲まなかったので炭酸が残っているとは思うのですが。
でも、こういうお酒のレビューは殆ど無いので、ちょっと面白い経験をさせていただきました。
当選時とconecoクラブのレビューで散々『冬は日本酒ですよね』と書いたので、やってくれないかなとwww
まあ、あったとしても、当選するとは限らないのが世の常ですが^^:

ご馳走様でした(-人-)パン

| Others | 16:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>